--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず・・・^^;

2009年12月09日 23:10

完成記事にしたいところなんですが、先にこちらに投稿しました。




投稿してみて改めて思ったんですが、やっぱり写真がよろしくない!!
野外撮影分はディフェーザーを忘れたために光が強すぎですねぇ。。
照明の問題さえ解決できれば、室内撮影でも問題ないこともわかったんで、
もう一度撮影しようと思います。
写真の内容をそれぞれで差別化したいという考えもありますし~。

・・・ところが、そういう時にまさかのデジカメ故障><
プレビュー画面にヒビ入ってますがな;;
明日修理に出して、それまで撮影は延期ですなぁ。
スポンサーサイト

書き残し~。

2009年12月05日 00:44

今回は、時間の都合で完成して落着くまで先延ばしにしてた、
バインダーの工作記事です。

DSC00769.jpg
まず、シイタケを入れたいところにスペースを確保。

DSC00771.jpg
段差の境目で切断。
ただ、それだけだと味気ない形状になりそうだったので、
適当なところで分割線を増やして切ってます。
表面を軽く磨いてから、下書きをしっかり書き込んでやります。
切断線のシンメトリーはこの時点で決定されるので、ここはかなり重要ですね。

DSC00772.jpg
切り離した先端側のユニットは、赤く示した面がかなり目立ちます。。
ここは削り込んでエッジを出してやります。
キットのままだと、この工作が案外シンドイのですが、
段差の境目で切り離したことで、ヤスリが当てやすくなり、だいぶ楽になります^^

DSC00773.jpg DSC00774.jpg
切り離す際、気をつけたいのは刃を入れる方向かと。。
画像の方向(ディテールのついた面に平行に刃を入れる)から切り離すと、
そのまま再構成すれば、『バインダー本体に切り離したディテールが乗っかる』状態になります。
今回はこちらで仕上げましたが、ディテールのついた面に垂直に刃を入れると、
『バインダー本体内からディテールが出ている』ような状態にできると思います。
これらの表現は、どの方向から切ってもその後の工作で如何様にもできるんですが、
無駄な手数は増やさないに越したことはないので、
工作前から完成形のイメージはしっかり持っているべきですねぇ。
こうすれば、『最短でイメージする形を作る手段』を練りやすくなると思います。

DSC00775.jpg DSC00778.jpg DSC00812.jpg
さらにもう一面切り離してます。これで各パーツが整形しやすくなりました。
プラ板、エポパテで切断後の欠損部分を補います。ついでにエッジもシャープに。
しかし、再度組み立てるのは難しいです^^;
位置を決め直したら、真鍮線を差し込んでいきます。当然、この段階では接着はしません。
結局、この辺の位置決めが甘かったのが、今回最大の失態だったりするんですが><

DSC00779.jpg DSC00795.jpg
シイタケはプラ板の積層を彫りこんだものをバラし、
これを二種類作って交互にサンドしたものです。
これは造形にセンスが問われますね。。
小さいものなので、長辺と短辺を意識的にコントロールして、
疎密をハッキリさせたほうが、充実した立体感が得られると思います。
なおシイタケの構成を応用して、分割したバインダーの前後の接続は、
それぞれのシイタケをかみ合わせることで行なってます。

DSC00797.jpg DSC00806.jpg
グラピカルアンテナはプラ板から自作。
キットのものより大きめに、基部と上辺が繋がるようにすると、
デザイン画の雰囲気が出せる気がします。
基部は縁を削り込んでエッジを出します。四つあるのがキツイね^^;
バインダー本体との取り付けも関節っぽいものをプラ材から作って付けてます。


・・・こんな感じですかねぇ。。
他のキットにも応用が効く工作もあるんで、参考になれば幸いです。
さて、次回こそは完成したオーライザーを本格的にアップしようかと。。
DSC00911.jpg
ちょっとしたイメージ写真(?)を撮りたいんだけど、
画像加工なしで、デジカメだけで撮ろうとするとなかなかに難しい。
もうちょっと撮ってみようか。。

できたよ。間に合ったよ^^

2009年12月01日 00:35

間に合いました。MGコンペ。
いまさらだけど、MGっていうとマスターグレードのコンペと勘違いされそうですね。
そんなコンペに、HGオーライザーで参戦でっす♪
DSC00840.jpg
投稿完了が締め切り15分前。
ホントにギリギリで冷や汗もんです。なんかスゲー疲れたですよ。
DSC00837 25
肝心の写真も沢山撮れなくって、必要最小限でオシマイ。
そんななので、不完全燃焼。
そもそも、やっぱり色が違う! ブルーが出ない!!
昨日の記事よりマシですが、夜に蛍光灯だけで撮るのがいけないのかも。。
実は朝に撮ったら、ちょっと色味が実物に近づいたんですよ~。
自然光の影響かもしれないですねぇ。偉大なり自然パワーw

戦闘機ってことで空をバックに撮ってみるのもいいかなぁとか思ってるんで、
その辺も含めて後日、再撮影したいと思います。
そういうわけで、コンペの写真は暫定版ということになるんですが(^^;)、
楽しんでいただければいいなぁ、と思います♪

ぎっりぎりかなぁ。

2009年11月30日 00:40

明日残りの塗装とスミ入れ、デカール貼りで、
コートして写真撮って・・・とホントに間に合うのかっ!?
MGコンペは明日が締め切りですが、まさかここまでギリギリになるとは。。。

さ、最後まで諦めないぞぉ><

DSC00827.jpg
ブルーは『みるきぃぱすてる』のウィステリアブルーをそのまま使ってみました。
が! 案の定、ブルーは撮ってみると赤味が抜けて、全然違うものになっちゃう;;
本当は彩度低めのペールパープルなんですが・・・。
これはこれでいいかぁ、と言い聞かせて割り切ります。。
配色も設定からちょっと変えてますが、色彩設計をしっかりやってないんで、
どんな風になるか自分でもわかった無かったりします^^;


DSC00828.jpg
デスノねんぷち入手。
用賀にバラ売りしてる店があるとは知らなかったなぁ。
Lとリュークだけ欲しかったので好都合^^ でもワタリも欲しくなってきた(中毒)。

ボーカロイドはバラしかなかったけど(なんかもう瞬殺だったようで)、
これはキャラ知らんので何が出てきてもよい分、バラ売りは割高に感じるかな。
はちゅねミク(シークレット)が2000円というのは割安だろうか。。
今度行ってあったら買ってこよう。ワタリと一緒に(中毒)。

あとちょっと。。。

2009年11月26日 19:30

サフ缶を買いに行ったはずなんだが。。。
DSC00814.jpg
模型塾で作ってるフィギュアはデフォルメ体型(それがデフォルトなわけだが。。)で、
その参考になるかと思って買った、ねんどろいどぷち。
本家のねんどろいどよりもコッチのが好みかなぁ。
この手のフィギュアは小さいほうが可愛いと思うんですよね~。
なんか唐突に興味が出てきたので、これからちょくちょくと買おうかなぁ。

でもボーカロイド詳しくないんで、『サイハテミク』ってなんぞや??
中身がわからんもんを一箱だけ買うのはドキドキですが、
そもそもネタを知らなきゃ、何が出てもリアクションは変わらんわけで。
・・・可愛いねぇ^^ と。
次はデスノート編買ってこよう。んンー、危険な中毒性だw


前回の記事の画像だと一部パーツが無かったので(^^;
一通り(多分)組んだ状態でもう一枚。。。
DSC00801.jpg
バインダーのアンテナは大きめに自作。
このアングルだとエッジがより判りやすいんじゃないかと。
工作の詳細は完成後に。ややこしくて話がまとめづらいので^^;
あとはディテールの追加のみ。時間の限りやってみますかねぇ。


今月の模型誌、とりあえずMG誌、DHM誌を購入。
どっちも付録にはさほど興味ないんだけど(アイマスわからんし。。)、
付録がなくても今月はこの二冊だけで充分な気がした。

DHM誌はリニューアルだそうで、ちょっと雰囲気変わりましたね。
模型誌の性格上、どうしても新製品カタログに見えちゃうのはしょうがないところだけど、
読み物としてちょっとずつ充実してきてる気がします。
ただ、大判にする必要はないような気もする^^;

MG誌のデカール、1/72用なんですね。てっきり1/48用なのかと。。
実は最近、飛行機のプラモ買ったんで(結構な変化球だが。。)、
いずれはコッチもちゃんと作ってみたいなぁ(いや、このデカールは貼らんと思うけど;)。
HGUCユニコーンの作例は、圧倒的にMG誌が参考になります。
曹操さん、さすがです^^
エッジワークを悟らせない、自然な仕上がりで、この辺の作業に興味のある方は
手元にパチ組みを置いて比べてみると良いかもです。

こうなると無性にユニコーンが作りたくなります。
初めはデストロイモードをサクッと、と思ってましたが、
ユニコーンモードも早く作りたい~><


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。