--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまくはいかないよーで。。

2009年11月17日 00:32

たまには失敗談を。。。
DSC00721.jpg
自作した機首は、プラ板の骨組にエポパテを盛って整形してるんですが、
素材の硬さが違うんで、均一に削れない。。
サフを吹くと、プラ板の骨が浮き出てくるよ;;

地道に磨いていけば整えられるんですが、横着して複製し、素材を単一化しようと。。
しかもさらに横着して、おゆまるで複製。
DSC00764.jpg
結果、出来たものは、なんだかぺチャっと潰れていて・・・orz
型のとり方が悪かったんかなぁ。。

おゆまるは、片面取りなら問題ないんですが、
割型となると途端に難しくなりますねぇ。
注型素材も、ポリパテはあまり使いたくないので、エポパテを詰めてるんですが、
粘度の高いパテは向いてないのかも。
この大きさだと光硬化パテは勿体無いし、そもそも固まるのか、という疑問もありますね。
そんな感じで困ったもんです。
詳しい方、ご教授ください~^^;


今回はパーツをバラバラにして~みたいなことをしつこく書いてきましたが、
具体的にどんな感じにバラしてるのか見せてなかった;
DSC00766.jpg
本体はこんな感じです。
左から2つはパチ組みのもので、グレーのフレームを上下2パーツで挟む構成。
これだと整面もディテールの追加も大変なので、工作が行い易いように分割してます。
上面は機首を切り取り、コックピットハッチから左右(ダクトのあるユニット)を切り離します。
切り離した左右ユニットは、フレームを上下から挟む構成はそのままですが、
分割位置は変えてます。
DSC00767.jpg
これで合わせ目は消せます。
分割線は単調にならないように。。これはアーチャーの応用。

バインダーを取り付けるフレーム部分も切り離してるんですが、
ここは強度が劇的に落ちるんで、やらないほうが良いかもしれませんねぇ;;

DSC00765.jpg
底面のダクトも彫りこんでます。
ここも切り離しておくと作業が楽ですね。

イマイチ思ったように工作ができない~という場合に有効な手だと思います。
個々のユニットの構成がはっきりするのも良いです。
これをディテールにどう活かせるかが今後の課題かなぁ。。
その辺がまだ煮え切れてないところなんですよねぇ。


コメント

  1. ryoike01 | URL | -

    複製についてはよく知らないのですが、
    レジンとかはどうでしょうか?

    分割って難しそうですよねぇ・・・。
    何かうまくいくコツとかありますか?

    ダクトのディテール追加は効果大ですね!
    自分もやってみよー。。

  2. | URL | -

    お湯丸は柔らかいのでなるべく厚くするとパテ詰めた時の型崩れが防げますよ!パテを押し込む際に変形するので周りを石膏で囲んでバックアップをとるのも手です。

    巧みな分割で無理な後ハメ要らずですね~製作の際には参考にさせて頂きます!

  3. ちょい | URL | -

    骨組みの写真がすごい参考になりシタ。
    いや、真似とかは到底ムリですがw

    しっかし見事なバラバラっぷりですね
    ここまでしたら作業もすごくし易そう。
    1/100も同じ分割なんで真似しよう・・・か・・(げふっ 吐血


    分割写真の上の方、お皿と味噌汁の器に見えて、食事中かと思った
    腹減ってんかなw

  4. daisan | URL | -

    これくらい大きいパーツは
    始めに“おつまる”にムギュッとパーツを押しつける時は
    型枠をつかった方がイイですよ!^^

    後、型を取った“おゆまる”を冷凍庫でキンキンに冷やしてから
    エポパテをムギュっとすると型が変形しにくいです♪

  5. Nine | URL | -

    轟雷の外装を加工しやすくするため
    「バラし」を現在進行形で参考にさせて頂いております

    ひとつ質問なのですが、凸モールドがある面を
    整面するときってどのようにするのが良いでしょうか?
    轟雷の装甲を整面するのに苦戦しておりますorz

  6. TAKU | URL | dxh2Uhv6

    確かに型枠は使った方がいいですねー
    それと、大量購入しかできないから割高にみえるけど、同様の使い方なら粘土シリコンがいいですよ。
    http://www.volks.co.jp/JP/tools/katadori.html#ns

    おゆまるは硬化熱の関係でレジン使えないからすっかり使わなくなりました・・・

  7. kyouhe1 | URL | -

    Re: タイトルなし

    返事が遅れて申し訳ないです;

    >ryoike01さん

    レジンは硬化する際に結構な熱を出すので、おゆまるには使えませんねぇ。。
    分割のコツは、私も知りたいくらいです~w

    ディテールの追加は、元から目を引くところに集中させたほうが、効果的なようです。


    >名無しさん

    もしかして、曹操さんですかね?違ってたらスイマセンです^^;

    おゆまるは、ケチって使ってたんですが、これがいかんかったようですね;;
    周囲を固めるのも良さそうですねぇ。
    原型を押し付けて型を取ると、どうしても原型から外側に力がかかるので、
    必要以上におゆまるが変形しない策を作る必要があるんですね。
    ひとつ学ばせてもらいました。ありがとうございます!


    >ちょいさん

    以前に図面だけ晒したんですが、あれは骨組みの形を決めるものだったんです。
    これで外形のボリュームがはっきりするので、
    その後のパテ盛りで、無駄に沢山盛らなくてよくなる、というわけです^^

    バラすと整面やディテールの追加は楽なんだけど、
    組みなおすのが大変です^^; 一長一短かもしれませんぇ。。
    1/100でも出来そうですが、各部の強度に気を使う必要があるかもです。

    >食事中かと思った

    絶対ムリw 机は削りカスだらけだもん^^;
    白磁の絵皿は、塗装時にも使いますが、
    細かい部品をユニットごとに仕分けするのに重宝してます。何気におススメです^^


    >daisanさん

    なるほど、型枠という手もあるんですねぇ。
    やっぱり、おゆまるの変形をコントロールするのがミソのようですね。

    冷凍、というのも私は思いつかなかったのでビックリです。
    熱があると変形しちゃうし、これも良い手ですね。
    む~、ひとつの作業にも複数の作法があって、知るのが楽しいなぁ♪
    ありがとうございます~!


    >Nineさん

    轟雷の製作記事、見てましたよ~。
    どんな風に仕上がるか楽しみです^^

    轟雷は入手できなかった(;;)ので詳しくは判らないのですが、
    私なら凸モールドは小さくて厚みのないものなら、削り落としてしまいますね。
    整面後、プラ板から作り直すか、忘れたことにする(!?)ようにしてます。
    モールドを削らないように慎重に避けてやするよりも、
    結果的に綺麗に出来るような気がします。

    大きいモールドならバラしますが、
    作業の前に、刃を入れる方向をよく考えるのが重要だと思います。
    この辺はバインダーの工作記事で触れようと思ってます~。


    >TAKUさん

    どうもです~^^

    粘度シリコン、こういうのもありましたね~。
    確かに、ちょっと高いなぁと思って手を出さなかったんですが、
    今回みたいなものをちょっと複製するのに、
    シリコン缶をひっぱり出すのは億劫ですからねぇ^^;
    これも試してみたいと思います~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyouhe1.blog53.fc2.com/tb.php/102-a05412dc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。