--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き残し~。

2009年12月05日 00:44

今回は、時間の都合で完成して落着くまで先延ばしにしてた、
バインダーの工作記事です。

DSC00769.jpg
まず、シイタケを入れたいところにスペースを確保。

DSC00771.jpg
段差の境目で切断。
ただ、それだけだと味気ない形状になりそうだったので、
適当なところで分割線を増やして切ってます。
表面を軽く磨いてから、下書きをしっかり書き込んでやります。
切断線のシンメトリーはこの時点で決定されるので、ここはかなり重要ですね。

DSC00772.jpg
切り離した先端側のユニットは、赤く示した面がかなり目立ちます。。
ここは削り込んでエッジを出してやります。
キットのままだと、この工作が案外シンドイのですが、
段差の境目で切り離したことで、ヤスリが当てやすくなり、だいぶ楽になります^^

DSC00773.jpg DSC00774.jpg
切り離す際、気をつけたいのは刃を入れる方向かと。。
画像の方向(ディテールのついた面に平行に刃を入れる)から切り離すと、
そのまま再構成すれば、『バインダー本体に切り離したディテールが乗っかる』状態になります。
今回はこちらで仕上げましたが、ディテールのついた面に垂直に刃を入れると、
『バインダー本体内からディテールが出ている』ような状態にできると思います。
これらの表現は、どの方向から切ってもその後の工作で如何様にもできるんですが、
無駄な手数は増やさないに越したことはないので、
工作前から完成形のイメージはしっかり持っているべきですねぇ。
こうすれば、『最短でイメージする形を作る手段』を練りやすくなると思います。

DSC00775.jpg DSC00778.jpg DSC00812.jpg
さらにもう一面切り離してます。これで各パーツが整形しやすくなりました。
プラ板、エポパテで切断後の欠損部分を補います。ついでにエッジもシャープに。
しかし、再度組み立てるのは難しいです^^;
位置を決め直したら、真鍮線を差し込んでいきます。当然、この段階では接着はしません。
結局、この辺の位置決めが甘かったのが、今回最大の失態だったりするんですが><

DSC00779.jpg DSC00795.jpg
シイタケはプラ板の積層を彫りこんだものをバラし、
これを二種類作って交互にサンドしたものです。
これは造形にセンスが問われますね。。
小さいものなので、長辺と短辺を意識的にコントロールして、
疎密をハッキリさせたほうが、充実した立体感が得られると思います。
なおシイタケの構成を応用して、分割したバインダーの前後の接続は、
それぞれのシイタケをかみ合わせることで行なってます。

DSC00797.jpg DSC00806.jpg
グラピカルアンテナはプラ板から自作。
キットのものより大きめに、基部と上辺が繋がるようにすると、
デザイン画の雰囲気が出せる気がします。
基部は縁を削り込んでエッジを出します。四つあるのがキツイね^^;
バインダー本体との取り付けも関節っぽいものをプラ材から作って付けてます。


・・・こんな感じですかねぇ。。
他のキットにも応用が効く工作もあるんで、参考になれば幸いです。
さて、次回こそは完成したオーライザーを本格的にアップしようかと。。
DSC00911.jpg
ちょっとしたイメージ写真(?)を撮りたいんだけど、
画像加工なしで、デジカメだけで撮ろうとするとなかなかに難しい。
もうちょっと撮ってみようか。。


コメント

  1. ちょい | URL | -

    製作記事満載だぁ♪
    ほんと、ばらんばらんだねぇ
    製面のし易さと、パーツの重なりによる密度感といっぺんに得られるけど、
    けどぉぉ・・(遠い目

    シイタケでの連結もお見事!!
    ディテ部品もこう使うことができるんですねぇ
    これはぜひともパク・・・

    できるかぁっ(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・
    どんな精度ですかw

  2. daisan | URL | -

    “シイタケ”って加工は最近知ったんですけど
    どんな所に使えば良いのはイマイチ分かっていません(;¬∀¬)ハハハ…

    空冷式のエンジンならすぐに思いつくんですけど~ww

  3. ryoike01 | URL | -

    ははは・・・レベルが高すぎて自分にはとてもできません(泣)
    でも、クラビカルアンテナの自作ならできそうです^^

    パーツの切り離しはまだやったことないのですが、あらかじめスジ彫りを彫っておくと良いと聞いたのですが、実際のところどうなんでしょう^^;

  4. xenno | URL | -

    これをシイタケって呼ぶのを初めて知りましたw
    凄い手間がかかりそうですねー^^;
    外で撮影する時は室内とまた違うので撮影が難しいけど、楽しいですよ~

  5. kyouhe1 | URL | -

    Re: タイトルなし

    返事が遅くなって申し訳なく・・・^^;


    >ちょいさん

    分割したところでもっとディテールを追加したり、
    密度を上げていけば、もっと良くなったかも~とも思ってますね。
    如何せん、完成が遠のくので躊躇しちゃいますよねぇ><

    シイタケ連結は今回の自画自賛ポイントですw
    塗装で塗り分けると更にいい感じです♪
    プラ板のサンドイッチを慎重に行なう以外は難しい点は無いんで、是非に!


    >daisanさん

    そうなんですよねw
    シイタケは使いどころに悩むところがありますねぇ。
    ここに入れたらカッコよくなるかも~、というところを見つけるのは、
    経験を伴うところなのかもしれませんねぇ。。


    >ryoike01さん

    プラ板の貼り合わせだけなら簡単なので、是非に挑戦してみてください♪

    切断は、スジ彫りをドンドン深く彫っていく感覚です。
    スジ彫りを切断線にするなら、スジ彫りを穴が開くまでナイフや
    エッチングソーで切っていけば良いかと。
    切断位置を自分で決めたいなら、まずパーツに下書きして、
    これに沿ってスジ彫りを彫り、あとは同様です。

    まずはジャンクパーツで練習すると良いと思います~。


    >xennoさん

    私も最近知りました^^
    手間はかかりますが、私には楽しい工作でしたねぇ♪

    晴れた日に撮影したんですが、
    色はかなり正確に出ても、陰が強く出すぎてしまいますね。。
    やっぱり写真も奥が深いです~。

  6. ガンプラ好きなお父さん | URL | -

    いつも勉強になります!
    パーツの分割に対するイメージが変わっていきます。
    切ってから工作じゃ無くて、工作の為のカット?
    良く解りませんよね。(・・;)
    凄く納得感あります。

  7. kyouhe1 | URL | -

    Re: タイトルなし

    >お父さん

    ちょっとでも参考にしていただければ幸いです~^^

    まず、どんな風に作りたいのか、を考えることが重要なんだと思います。
    考えがまとまれば、その為の工作も導きやすくなりますよね。
    実は、今回はその辺が行き当たりばったりなところがあって、
    反省点は少なくないんですが、だからこそこの事を再認識したりもしてます^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyouhe1.blog53.fc2.com/tb.php/109-d188423d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。